以前、私にはセフレがいたのですがあまり長続きしませんでした。原因としては、お互いがエッチで求めているものが違っていたのです。
その元セフレはもっと私に責めて欲しかったようですが、私は逆に気持ちよくしてもらったり、癒しを求めていたのです。
そうしてそのセフレとはお別れしました。

 

 

私は癒されたいという思いがあって、実はエッチよりもキスが大好きなんです。
キスを女性とするととても癒されて、心が満たされるんです。元セフレとはただセックスをするだけでキスはNGでした。
そこで私がいつも愛用している出会い系サイトの「PCMAX」の掲示板を利用して、キスフレの募集をかけたのです。募集はしましたが、内心は同じ気持ちの人がいるか不安でした。

 

 

しかし、予想外にもキスが大好きな女子はたくさんいて、私のもとにキスフレ希望のメールが数通も届いたんです。
そしてメールで写メなどを交換して気に入ってもらえた人たちの中から、私のタイプだった女性と会うことになったのです。

 

 

この初めてキスフレと会う瞬間は毎回とてもドキドキです。
待ち合わせ場所に到着すると、反対側の道路から一人の女性が歩いて来ました。そう、その女性こそがキスのためにやってきてくれた女性でした。
とてもぷっくりとた唇でとても可愛らしい女性です。年齢は26歳とのことでした。私のテンションはもう最高潮になりました。

 

 

早くキスがしたくて、女性と車に乗って海辺を車で走りました。
そして、あたりも暗くなってきたので適当にひと目のない駐車場に車を止めて私たちはキスをしたのです。
その女性の唇の感触でトロけそうなほどの気持ちになりました。この気持ちよさはエッチに匹敵するほどです。
私たちは優しいキスを何度も重ね、ときには舌を絡ませながらキスしたのです。

 

 

そして十分にキスを楽しんだあと、その女性を駅まで送ってお別れしました。
そして、その女性からすぐにメールが届きました。

 

 

「また会ってください」と。

 

 

私はこうしてその女性とキスフレになることが出来たのです。
今では月に数回会ってはキスだけを楽しんでいます。
キスは本当に癒されます。
キスフレ最高です。

 

 

23才独身男性会社員